仙台で楽しむ美しい伝統工芸と献身の心

人間は美しいものに感動することが出来る生き物です。それだけに限らず、自ら美しいものを生み出すことも出来ます。たとえば、万華鏡。万華鏡とは、筒の中に鏡とビーズなどの飾りを設置し、中を覗きながら筒を回すことによって、飾りの動く様を観察して楽しむ玩具です。接眼部とは逆の端から光が取り込まれる構造になっており、それが鏡に反射することによって、飾りをきらめかせます。

筒の形状や飾りの種類、鏡の張り方にひとつの正解はなく、作り手の工夫次第でさまざまな万華鏡を生み出すことが可能です。万華鏡に惚れ込む方がたくさんいるのは、見る感動だけでなく、創り出す楽しさも備えているからなのでしょう。また、その美しさには心を癒す効果があるため、病院で用いられることも多いようです。

万華鏡はカレイドスコープとも称されます。かつては「百色眼鏡」、その改良品は「万華鏡(ばんかきょう)」「錦眼鏡」と呼ばれていました。発明されたのは約二百年前のスコットランドで、わずか三年後には江戸文政の時代の日本にも渡来し、すぐ日本製の万華鏡も作られるようになりました。万華鏡は日本の伝統工芸品ではありませんが、日本におけるその歴史はとても長いのです。

宮城県仙台市には、万華鏡を揃えた珍しい「仙台万華鏡美術館」があります。秋保温泉に近く、最寄りの仙台駅からバスに乗って一時間とかからない距離です。クリーム色の壁に赤い屋根を載せた、物語に出て来るような可愛らしい外観をしています。アンティーク作品を集めた展示室のほか、名誉館長・辻輝子の手による現代作品を並べたギャラリーも備えています。約九百点もの万華鏡を収蔵しており、そのうち約五十点あまりを常設展示しています。

貴重なアンティークの万華鏡は実際に触れて体験することが可能で、水の流れる力で動く幻想的な万華鏡や、おじいさんの頭の後ろから覗くユニークな人型万華鏡など、アンティークながら新鮮な作品がたくさんありますので、子供でも飽きることはありません。万華鏡なんてあんまり興味がないなあなんて方でも、行ってみればきっと夢中になって、いろいろと覗いて回ってしまうことでしょう。うっかりと万華鏡の魅力にハマってしまうかもしれません。

万華鏡美術館では、常設のほか、現代作家による特別展や、公募展も行っています。近代的な作品が多く展示されますので、アンティークとはまた違った新鮮さを発見出来ます。

さて美しいのは万華鏡などのモノだけではありません。人間は、目に見えないものを尊ぶことも出来ます。それは気持ちであったり、思い出であったり、時には労働精神を美しいとも思います。では人を感動させるような労働精神とは、どのようなものなのでしょうか。華々しい仕事、目立つ仕事、それだけではありません。目立たない陰の仕事だって、献身の心によって美しいものになるはずなのです。

風俗、と聞くと汚れた仕事だと思う方が多いかもしれませんが、一生懸命働いている側からすれば、貴賤の差別をされるのは不本意でしょう。それを実感するためには、一度働いてみなければ分かりません。風俗には男性の仕事も存在します。まさに目立たない陰の仕事ですが、やりがいのある仕事です。店の経営がスムーズになるように、女の子が不満なく働けるように、客が楽しく遊べるように、店の柱として風俗店で働いているのは男性です。多くの従業員、客を支えている風俗の男性スタッフは、とても輝いた仕事をしています。

万華鏡を覗いて感動するように、陰で輝く仕事をして、ひとを喜ばせたいとは思いませんか。風俗の仕事はとても高収入ですので、まずは下心からはじめてみても良いでしょう。ぜひ一度、男性求人を探してみてください。その時にはぜひ、万華鏡美術館を有する仙台市の求人からどうぞ。