<イチオシ情報紹介>

東北で高収入を目指したいと考えている男性の方は仙台で働きやすい男性求人が掲載された求人サイトでアルバイト・正社員の仕事を探しましょう!本気でナイトワークで頑張りたい貴方を徹底的にサポートする充実したコンテンツが満載です!

伊達政宗のつくった緑の街

仙台は、宮城県中部に位置する都市です。江戸時代、仙台藩祖であった伊達政宗で有名な街ですが、その伊達公の植林政策(飢餓に備えるための果樹や、防風林として松や杉を植えた)から、仙台は緑の多い街となり、昭和まもない頃には「杜の都」とも称されていました。

伊達政宗が植林を行うきっかけとなったエピソードがあります。伊達公が狩猟に訪れた先の寺で一服しようとした際、老僧が返事もせずに畑仕事を続けているので理由を問うと、「狩猟をして遊んでいる者に応える必要はない。必要なのは国中のはげ山に樹木を植えること」と語りました。荒れた山は土砂災害や川の氾濫を招くため、民の安心を得るためには、植林によってその危険をなくさなくてはなりません。

伊達公はその言葉に感動し、僧を城に招いて講義をさせ、以後、植林に積極的に取り組むようになりました。昭和の空襲によって「杜の都」の姿は失われてしまいましたが、現在はケヤキ並木などの街路樹によって、街は緑に飾られています。緑の街にふさわしく、仙台には公園も豊富です。仙台における公園のはじまりは、これもまた江戸の伊達藩によるもので、四代藩主・伊達綱村が民の憩いの場として設けた「四民遊覧の地」とされています。

伊達綱村は、もともとツツジの名所であった場所に、枝垂桜など数千余りを植え、興行も許可し、民の憩いの場所として開放しました。そのときの桜は戦争や老衰によってなくなってしまいましたが、後継である榴岡公園には戦後、新しい桜が植樹され、それによって榴岡公園は枝垂桜の名所となり、現在の市民にとっても憩いの場となりました。桜以外の花々も愛でられるため、四季を通じて楽しむことの出来る公園です。仙台の暮らしの歴史や軍事資料を見られる歴史民俗資料館、レストハウスなどもあります。

春には「榴岡公園さくらまつり」が開催されますが、こちらでは仙台の独自的な踊りである「すずめ踊り」を観覧することが出来ます。仙台城落成の際の宴席で踊られたものを、現代的にアレンジしたもので、そもそもが即興の踊りですから自由度が高く、跳ねたり優雅に舞ったりといろいろな動きを見せてくれます。

さてそんな緑と花の豊かな街・仙台ですが、いまだ震災の影響を引きずっており、求人の面では問題を抱えています。仙台の求人数は比較的多くあり、倍率も上向きですが、求職者の希望との不一致が大きいと言われます。募集が多いのは震災復興に関連した土木業などですが、求職者の多くは事務などの軽作業を希望します。人手が欲しい業界を希望する方が少ないのです。

人手不足の業界のひとつに、風俗があります。ただ風俗の場合は、希望者が少ないというよりは、希望者の多くがアルバイトや短期、副業で就くために、人手が足りていない状況です。かといってアルバイトでは歓迎されないということではなく、むしろアルバイトであっても採用率は高いため、この上高収入となれば働く価値は大いにあるでしょう。出世のはやい業界ですから、正社員でこの先ずっと頑張っていきたいという方にも魅力的です。

風俗は女性の仕事というイメージですが、このメリットは男性にも通じます。男性は風俗店の裏方スタッフとして、女性とはまた別の意味で重宝されます。いくら可愛い女の子が集まっても、彼女たちを管理し、店を運営する男性がいなければ、経営が成り立たないからです。運営の根幹に関わらずとも、客の注文を受け付けるスタッフ、店の状況を更新するwebスタッフ、デリヘルであれば女の子を送迎するドライバーなど、男性の役割は数多くあります。短期間でまとまったお金が欲しい、日払いしてくれる仕事がしたい、仕事をしながら自分を高めたいなどの望みにも、風俗は応えてくれます。

仙台は東北一の大都市ですから、風俗店は多く存在しています。特にこれといって特徴的な傾向は持たないのですが、よく発展しているのはデリヘルです。これは規制により店舗型が減少・鞍替えしたためと思われますが、仙台では出張の際に風俗を利用する方が多いので、デリヘルは利用者の理に適った形態と言えます。まさに塞翁が馬でしょう。風俗業界において最も人手を求められているのがデリヘルドライバーですので、ドライバーを希望する方にとっては、デリヘルが発達している仙台は、理想的な職場です。もちろんドライバー以外の求人も多数ありますので、ぜひ一度、仙台の男性求人にはどんなものが出されているのか、見てみてはいかがでしょうか。